短期決着ならバイナリーオプション キャンペーン期間:6月18日(火) EUR/USD Turbo30秒取引のペイアウト倍率は通常1.98倍→2.05倍と大幅に増加したします。

ATR使い方 一般論

ATR(Average True Range)は、テクニカル分析で市場のボラティリティ(価格の変動幅)を評価するのに使用される指標です。以下は、一般的なATRの使い方です:

  1. ATRの計算:
    • ATRは、一般的に14期間の単純移動平均(SMA)で計算されますが、期間の設定は調整できます。計算手順は以下の通りです:
      • まず、各日の「True Range(真の幅)」を計算します。True Rangeは以下の中で最大の値を選びます:
        • 当日の高値と前日の終値の差(High – Previous Close)
        • 当日の終値と前日の低値の差(Previous Close – Low)
        • 当日の高値と当日の低値の差(High – Low)
      • 14期間のTrue Rangeの合計を計算します。
      • それを14で割り、ATRの初期値を得ます。
  2. ボラティリティの評価:
    • ATRは市場のボラティリティを数値で表現するための指標です。数値が大きいほどボラティリティが高いことを示し、数値が小さいほどボラティリティが低いことを示します。
    • ATRを使用することで、トレーダーは市場のボラティリティが高まる傾向があるかどうかを評価できます。ボラティリティが高まると、価格変動の幅が大きくなり、トレーディングの機会が増えることがあります。
  3. ストップロスの設定:
    • ATRは、トレーダーにとってリスク管理のツールとして非常に有用です。トレードを行う際、ATRを使用してストップロスの位置を設定することができます。
    • たとえば、ATRの2倍や3倍の幅をストップロスとして設定することで、ボラティリティに合わせたリスクを管理できます。ボラティリティが高い場合、ストップロスの幅も広くなります。
  4. エントリーとエグジット:
    • ATRはトレードエントリーとエグジットのタイミングを判断するのにも使用できます。トレーダーはATRの変化を監視し、ボラティリティが増加する可能性が高い場合にエントリーし、逆にボラティリティが低い場合にエグジットすることが考えられます。
  5. トレンドの強弱の評価:
    • ATRの変化を追跡することで、トレンドの強さを評価するのにも役立ちます。ATRが上昇傾向にある場合、トレンドが強まっていることを示し、下降傾向にある場合、トレンドが弱まっていることを示すかもしれません。

ATRは市場のボラティリティを評価し、リスク管理、ストップロス設定、エントリー/エグジットの決定に役立つ多目的なツールです。トレード戦略に組み込む際に、他のテクニカル指標と組み合わせて使用することが多いです。

cafetime1963をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました